フルリールルーム

夫婦・パートナー・カサンドラ症候群のお悩みなら横浜の「フルリールルーム」

弁護士とのネットワーク

パートナーとの今後の関係性を考える上で、法的サポートが必要になる場合があります。
その時、どの弁護士に相談しても同じでしょうか?
ウィメンズサポートカウンセラー真行結子が仕事や私生活を通じ多くの弁護士と接触した経験から言えることは「NO!」です。
相談した結果、「理解されなかった」「傷ついた」経験をお持ちの方もいらっしゃいます。
弁護士にかかる費用は決して廉価ではありません。しかも、今の状況に苦しみ悩んでいるからこそ相談するのです。更に悩みを深くする状況は回避したくありませんか?
フルリールルームでは、特に女性の人権に理解のある、ご相談者さまの立場やお気持ちに寄り添う姿勢を持つ弁護士と連携をしております。
また、経済状況に応じ無料で法律相談を受けることができる民事扶助制度をご利用可能な場合もあります。
≫法テラス
弁護士についてお知りになりたい場合は、カウンセリングの際にお気軽にご相談ください。