フルリールルーム

夫婦・パートナー・カサンドラ症候群のお悩みなら横浜の「フルリールルーム」

カサンドラ症候群 そして回復のヒント

カサンドラ症候群とは
米精神医学会の診断基準(DSM-5)に含まれておらず正式な病名ではない。発達障害パートナーとの情緒的関係が築けないために生じる、うつ、無気力、不眠、パニック障害、自尊感情の低下などの身体的・精神的症状。
その悩みが周囲に理解されにくく孤立状態に陥っている方も少なくないことから、ギリシャ神話の神アポロンに予知能力を周囲に信じてもらえない呪いをかけられた女性、カサンドラの名前に由来しています。

回復に向けて必要なことは
・十分な休養
・悩みをひとりで抱えず共感者・理解者を持つこと
自助会へのご参加も回復に役立つと言われています。
・発達障害特性を知ること
書籍紹介
・社会的支援を知ること
その上で、パートナーとの関係性やご自身のお気持ちを見つめ、今後の行動を選択すること。

発達障害は個人差が大きいため悩みの種類は多岐にわたります。
・コミュニケーションが取れない
・子の育児、教育に対する協力体制が取れない
・こだわり行動が強い
・セックスレス
・浮気、風俗通い
・ドメスティックバイオレンス、モラルハラスメント
・転職を繰り返す
・借金を繰り返す
・ゲーム・ギャンブル依存
・片付けられない
・忘れっぽい
など

また、それぞれが置かれている状況や周囲からのサポート体制も違います。
・健康状態
・経済状況
・お子さんがいらっしゃるかどうか。またその年齢、特性
・実父母、義父母等からのサポート体制
など

だからこそ、フルリールルームではご相談者さまのお気持ちに寄り添うことはもちろんのこと、数多くのケースに接した豊富な経験によるコンサルテーション(情報提供やアドバイス)もご希望や必要に応じ行っております。

また、フルリールルームでは回復に向けて、必要に応じ他の専門家や機関との連携も大切であると考えています。
・弁護士
・医師
・行政(県、市町村等)
・各種機関(発達障害者支援センター、男女共同参画センター等)
・各種団体(発達障害当事者会等)
などの信頼できる関係機関との顔の見えるネットワークづくりに日々取り組んでおります。

フルリールルームのカウンセリングはただ話を聴くだけではありません。
・カサンドラ症候群にお悩みの方おひとりおひとりへのオーダーメイドアドバイス
・社会的支援情報
の提供も行います。

発達障害

生まれつきの脳機能障害が原因とされる。基本的に「社会性」「コミュニケーション」「想像力」に困難があるとされている。対人関係等に障害を抱えるアスペルガー症候群、集中力が続きにくい注意欠陥・多動性障害(ADHD)、読み書きや計算が難しい学習障害(LD)などがある。言語能力や会話能力には明らかな問題がなく発見されにくい。
またひとりの人がいくつかのタイプの発達障害を持っていることも珍しくない。そのため発達障害といっても個人差が大きい。

書籍紹介

「アスペルガーのパートナーと暮らすあなたへ」
マクシーン・アストン著 スペクトラム出版社
「アスペルガーと愛」〜ASのパートナーと幸せに生きていくために
マクシーン・アストン著 東京書籍
「アスペルガーの男性が女性について知っておきたいこと」
マクシーン・アストン著 東京書籍
「アスペルガーのパートナーのいる女性が知っておくべき22の心得」
ルディ・シモン著 スペクトラム出版社
「アスペルガーの女性がパートナーに知ってほしい22の心得」
ルディ・シモン著 スペクトラム出版社
「夫がアスペルガーと思ったときに妻が読む本」
宮尾益知著、滝口のぞみ著 河出書房新社
「一緒にいてもひとり」〜アスペルガーの結婚がうまくいくために
カトリン・ベントリー著 東京書籍
「発達障害は治りますか?」
神田橋條治著 花風社
大人の発達障害ってそういうことだったのか
宮岡等、内山登紀夫著 医学書院
大人の発達障害<アスペルガー症候群・ADHD>シーン別解決ブック
司馬理英子著 主婦の友社